つぶ速。気になるニュース、つぶやきのまとめ。

世の中の気になるニュース、つぶやきを発信していきます

未分類

推定100歳のロブスター、海へ戻る前に死ぬ

推定100歳のロブスター、海へ戻る前に死ぬ

1風吹けば名無し@\(^o^)/ :2016/08/07(日) 14:54:55.59 ID:3EjAX0C10.net


160801lobster

皮肉とはこのこと。

フロリダのとあるディナーテーブル。そこには食事になるべく調理される直前のロブスターが。でもこのロブスター、なんと体重およそ7キロ、御年100歳! それを知った動物愛護運動家が悲鳴をあげて「レスキュー」に向かったそうです。メイン州にある水族館へ移送する手はずを整え、ラリーという名前もちゃんとつけました。

このラリー。水族館どころかお空へ昇っていってしまいました。そう、死んでしまったのです。ラリーの死の原因は、まさかのレスキューするために現れた動物愛護運動団体でした。

もともとフロリダで食べられてしまうはずだったラリー。あまりの大きさに地元でニュースになり、それが動物愛護運動団体「iRescue」の目に留まったわけです。募金を募り、氷と保冷剤の入った発泡スチロールの箱にラリーを入れて、フロリダからメインに移送することになりました。フロリダからメインまでは1日で着くはず...だったんですが、なんと1週間経ってもラリーは到着せず。

ラリーが配送用にパッキングされた際、運送会社のFedExは配送を拒否。ラリーが入れられていた発泡スチロールは水が漏れるからという理由でした。iRescueはラリーをいったん引きとり、仮の水槽にいれます。

そして8日後。違う種類の水が漏れない発泡スチロールの箱にいれて、もう一度トライ。こうしてラリーはやっと配送され、無事にメイン州水族館に着いたのですが、翌日死んでしまいました。

メイン州Department of Marine ResourcesのスポークスマンのJeff Nicholsさんが「うーん、ちょっとさすがに回り道が多すぎたんでは」と語っています。「もっとたくさんの保冷剤が必要だったと思います。だって3つしか入ってなかったんですから」とのこと。ちょっとちょっと! もっと入れようよ。すったもんだしたあげく、3つの保冷剤って...。

全文は以下
http://www.gizmodo.jp/2016/08/85100.html

11風吹けば名無し@\(^o^)/ :2016/08/07(日) 14:56:46.63 ID:hnfkpzUPp.net

こんなん草生えるわ

13風吹けば名無し@\(^o^)/ :2016/08/07(日) 14:57:20.73 ID:Ll01DW8i0.net

海老殺し

続きを読む

-未分類

×